オオサカ堂とはどんな会社でしょうか

subpage01

オオサカ堂は医薬品の個人輸入を代行する会社です。

創業は1997年で医薬品のネット販売の会社としては、古い部類に入ります。
ネット販売をしている会社なので、どの程度検索されているかをgoogleトレンドで調べてみますと、2013年度あたりから、「オオサカ堂」の検索件数は、急激に増え、2015年9月度は1ヶ月平均検索件数が9万5千件です。
1日あたり、約3000件検索されているわけです。ブックマークや商品名からオオサカ堂にはいる人もいますので、利用者はもっと多いでしょう。

オオサカ堂情報選びを親身になってアドバイスいたします。

日本国内でも、医薬品のネット販売をしている市場がありますが、それは市販薬だけで、この会社は、国内で処方箋が必要な薬品でも、個人輸入という形で購入できますし、商品の種類も多く、安価で送料も無料です。

珍しい教えて!gooに関する情報が満載です。

オオサカ堂を運営しているのは、香港の九龍を所在地としている会社で、ほかに9社ほど個人輸入の会社を運営しています。

資本金は200万香港ドル(日本円にして3000万円くらい)です。


オオサカ堂は、医薬品取り扱いライセンス保有の大手ホールセラーと提携して、ホールセラーが現地メーカーより直接仕入れを行い、購入を申し込んだ人に直接商品を送ってきているとのことで一部の商品については、専門機関の成分鑑定書がホームページに記載されていますので、信頼性は高いといえます。

さらに、使用者のレビューも2015年2月までに13万件を超えていることも信頼にたる会社だといえるでしょう。
この会社を利用するメリットは、ジェネリックを使うと安価にほしい薬品が手に入るということです。



最初医師の処方箋の素に購入して安全に使えるとわかっている薬品を個人輸入でジェネリック使用で、安価にてにいれるのは、信頼できるこのような個人輸入代行会社を利用することです。